愛してたって、秘密はある ドラマあらすじキャスト紹介!

2017年7月から日本テレビ系列で放送される夏ドラマ『愛してたって、秘密はある。』。

秋元康の企画原案で、福士蒼汰、川口春奈、鈴木保奈美らが出演することで話題になっています。

このドラマの主演を演じるのは俳優・福士 蒼汰さん。何やら福士蒼汰さんが初めての殺人犯を演じるのだとか!?

過去に母親を守るために「父親を殺した」という秘密を抱えて苦悩しながら、結婚を目前に秘密を暴こうとする犯人に追い詰められていくというドラマです。

ずっと孤独で生きていくつもりだった主人公が愛してしまうヒロインには、川口春奈さん。

映画「好きっていいなよ」で恋人役を演じた2人なので、息もぴったりでしょう。

今回は、ドラマ『愛してたって、秘密はある』のあらすじや、キャスト、『愛してたって、秘密はある』を無料視聴する方法をお教えします!

『愛してたって、秘密はある』のあらすじ

主人公・奥森黎(福士蒼汰)は、中学生の頃に母親・晶子(鈴木保奈美)をDVから守るため、父親を殺害した過去がある。彼の殺人は、父親が失踪扱いになったことで、母親と2人の「秘密」となった。

「自分には恋人も友人もいらない」と、誰とも深く関わらず慎ましく生きてきた主人公だったが、ある女性(川口春奈)と出会って恋に落ち、彼女と母が望むなら…と結婚を決意する。

しかし、プロポーズの直後から、「秘密」を知る何者かからのメッセージが届き始めて…!?

『愛してたって、秘密はある』キャスト紹介

奥森黎(おくもり れい): 福士蒼汰

奥森黎は中学生の頃に母親の奥森晶子をDVから守るために父親を殺害した過去を持っている。弁護士になるために法科大学院に通っている。

立花爽(たちばな さわ): 川口春奈

立花爽は法科大学院で検事を目指しており奥森黎とは同級生で恋に落ち結婚することを決意する。

奥森晶子:鈴木保奈美

奥森晶子は黎の母親で看護師をしている。夫のDVに長く悩んていた。自分のことを守ってくれ息子には幸せになって欲しいと思っている。

奥森皓介(おくもり こうすけ):堀部圭亮

奥森皓介は黎の父親で大学医院の医師をしていた。妻に暴力を振るうようになり息子の黎に殺されてしまう。

立花弘晃:遠藤憲一

立花弘晃は爽の父親で悪を追求する検事をしている。厳しい一面を持っている。

立花暁人:小出恵介

爽の兄でジャーナリストをしている。父親の弘晃とは反りが合わず反発している。

立花茜:岡江久美子

爽の母親で専業主婦をしている。

風見忠行:鈴木浩介

大学病院の准教授をしている。黎の母親・奥森晶子に好意を持っている。

安達虎太郎:白洲迅

黎と爽の友人で司法修習生。

香坂いずみ:山本未來

弁護士で法科大学院の講師をしている。

一ノ瀬義男:矢柴俊博

11年前の奥森皓介失踪事件の捜査をしている刑事。

『愛してたって、秘密はある』ツイッターでの反響

https://twitter.com/aiaru_ntv/status/865040444886966277