コウノドリ (ドラマ)続編 再放送決定!綾野剛主演

2015年10月期に放送された、綾野剛が連続ドラマ単独初主演を務めたヒューマン医療ドラマ「コウノドリ」。毎回毎回、命の現場に泣かされましたーーー!

大好評のうちに終了したコウノドリの続編となる新シリーズが、今年10月期の金曜ドラマ枠にて放送されることが決定しましたー!

前作から2年後の2017年、ドラマの内容も2年後の舞台で始まるそうです。「生まれること、そして生きること」をテーマにした物語になります。

今回は、新ドラマ「コウノドリ」の内容について調べてみたいと思います!

コウノドリ ドラマ あらすじは?

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。

島の人たちと近い距離で向き合う荻島の姿を見てサクラはあることを思う。

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。

離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察する。夫の健治も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。

医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察する。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。

診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝える。

彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。2つの不安に挟まれてしまう。さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。

コウノドリ ドラマ キャスト一覧!

コウノドリ2も前回のコウノドリ同様、スペシャルな出演者が集っています!2年後の姿はどうなのでしょうか!?楽しみですね!

鴻鳥サクラ(綾野剛)
主人公。産婦人科医であり「BABY」という名を持つ天才ピアニストでもある。
仲間の医師たちや患者から信頼も厚い産婦人科のチームのリーダー。
生まれてきたすべての赤ちゃんに「おめでとう」と言ってあげたい、そう願いながら働いている。


下屋加江(松岡茉優)
サクラの下で働く新米産婦人科医。時として若さゆえに暴走するが、一生懸命な医師。
後期研修科医1年目でまだまだ頼りなく心もとないところもあるが、サクラが居るチームの一番下っ端として日々怒られ学びながら
いつかサクラのような患者から信頼される存在になりたいと願っている。


小松留美子(吉田 羊)
ベテラン助産師。人手不足のペルソナ総合医療センターの助産師長にヘッドハンティングされやってくる。
サクラと四宮の研修医のころを知る人物。ムードメーカーでひょうひょうとしてているが、仕事は的確にこなし、産婦人科医たちも信頼しあっている。


白川 領(坂口健太郎)
新生児科の医師。実家は小児科。生意気だけどみんなから愛される存在。
下谷と同期で、お互いに愚痴ったり、励ましあったり、ライバル意識を持ったりする仲。


大澤政信(浅野和之)
ペルソナ総合医療センターの院長。いつも笑顔だがつかみどころのない人物。
経営者としては、黒字で病院経営をすることを第一とし、訴訟の多い産婦人科で問題の怒ることを恐れている。


向井祥子(江口のりこ)
メディカルソーシャルワーカー。
ペルソナ総合医療センターで患者の生活の支援や心のケアを担当し、医師とは違う立場で患者たちと向き合っている。


赤西吾郎(宮沢氷魚)
産婦人科医を父に持つ研修医・赤西吾郎を演じる。
四宮から事あるごとに愛あるムチを受け成長していくが、星野とのバトルも見どころ。


倉崎恵美(松本若菜)
四宮春樹と再会を果たすミステリアスな女性。
四宮と同期である、綾野剛演じる主人公・鴻鳥サクラともかかわる重要な人物。


四宮春樹(星野 源)
サクラと同期入局の産婦人科医師。かつては熱血派で笑顔もよく見せていたがある出来事以降は患者に対しても冷徹に現実を突きつけ、厳しいことをいう医師として周囲から浮いた存在になっている。
サクラとはお互いにリスペクトし、心から信頼しあっている。


今橋貴之(大森南朋)
新生児科の部長であり、周産期センターのセンター長を兼任する。
新生児医療に対して熱い思いを抱いている。サクラが尊敬する人物。

コウノドリ ドラマ 予告動画

前回と同様、原作のエピソードをベースにオリジナルに取材した題材を加え、「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」を丁寧に描きながら、

生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、それに取り組む医療者たちの「未来」を見据えたエピソードを展開して行きます。

新たな命に触れることにより生まれる葛藤、思いがけず乗り越えなくてはいけない試練、そして、医師や助産師、看護師たち医療関係者が抱くそれぞれの決意とはー?

未受診妊婦・胎盤早期剥離・子宮破裂・幼い2人の妊娠・特別養子縁組など、様々なテーマを取り扱ってきました。

原作をベースに今回も展開されるとのことなので、紹介されている他のどのエピソードが描かれてもまた感動を呼ぶことでしょう!!

コウノドリ ドラマ 主題歌は?

前回の主題歌は、miwaさんの『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』(ソニー・ミュージックレコーズ)でした。

今回の発表はまだありませんが、再びmiwaさんによる楽曲なのか、他の方による楽曲になるのか気になるところです。

星野源さんの可能性も?発表され次第、情報を更新します!

前作同様、ピアノテーマ・監修・音楽は清塚信也さんです!Babyの音色は変わらず聞くことができるのでしょうか!?

コウノドリ ドラマ 星野源の役柄は?


歌手だけではなく、俳優としても活躍している星野源さんですが、コウノドリでは綾野剛さん演じる主人公のライバルであり、良き理解者である医師、四宮春樹を演じています。

ドラマコウノドリのプロデューサーによると、四宮は、原作を読んでいるときから優しい目と冷たい目が共存する星野さんが思い浮かんでいました。

と言っていたようで、そこまで言われるだけあってかなり雰囲気が原作に似ています!

前作のコウノドリでは四宮先生を演じることについてコメントしています。

”僕が演じている四宮という役は、原作において私生活が描かれていないので「どういう人間でどういう家族で育ってきたんだろう」と彼のバックボーンを自分の中で育ててきました。

四宮を演じるにあたって、想像を巡らすことが好きです。今回は原作漫画があるので、読んだ人の数だけそういう想像があるでしょうし、固定したいわけではないですが、彼は言葉数もすごく少ないし表情もないですよね。

原作では汗が垂れていたり、メガネの中の目の描写がないだけで少しデフォルメされますが、ドラマでそれはできないですし、感情を表に出したり、こういう人間なんだと言葉にして表すことがほとんどないので、

バックボーンをしっかり自分のなかでつくってから現場に臨みたいなと思っていました。”

とても難しい役柄ながら、原作に似せて演じるように心がけている姿はさすが四宮先生ですね!前回のコウノドリから2年後のコウノドリ2で四宮先生がどのような人物に成長しているのか楽しみですね!