母になるのあらすじ、ネタバレでわかる服役とは?

水曜ドラマ「母になる」沢尻エリカさん演じる主人公が、過去に誘拐されていなくなった息子と再会し、また母になることを目指すドラマです。

沢尻エリカさんを初めとして、小池栄子さんや藤木直人さんの役柄にも注目したいところなのですが、先日放送された母になるで衝撃の展開が!

あらすじとネタバレをご紹介します!

母になる、第5話のあらすじ、麻子の事件


第5話では息子の広(道枝駿佑)が柏崎家を離れ、産みの母親というものを悲しみを追いながら見つめる場面から始まります。

その一方で、服役中に知り合った女性から仕事を紹介することを約束していたの裏切られた麻子(小池栄子)。

その時に柏崎オートの琴音と出会います。そして柏崎オートの仕事を紹介されてしまうのです!

柏崎と聞いて半信半疑な麻子でしたが、広の祖母である里恵(風吹ジュン)から孫の写真だと広の写真を見せられ…。

麻子は柏崎オートで雇ってもらいたいと懇願します。

そこでまた発覚する事実は、麻子が人殺しだったということ。

広を育てている間に何が起こったのか。どうして麻子が人殺しになったのか、先の展開が気になりますねぇ~。

母になるネタバレ、服役していた理由は?


麻子が服役していた理由は何なのか?気になりますよね~。

木野(中島裕翔)によれば、2年前に麻子がおこした事件は、つきまとう男の暴力から広を守るためだったということなのです。

そのとき、木野は麻子が広の本当の母親だと思っていたのですが、広に託されていた手紙をきっかけに刑務所に面会に訪れるのですが

想像をはるかに超えた事実が隠されていたそうな…。

確かに、広を発見した時の麻子はとっても行き詰っているように感じましたよね~。

どこか覇気が無く、薄暗い部屋に帰ってため息をつく麻子が抱いていた過去とはどのようなものだったのでしょう。

その中で見つけた広に抱いた母心とは…?母になる、第6話が見逃せません!

母になる、服役していた麻子が気になる!


広を守るために服役していた麻子ですが、服役2年で殺人犯は釈放されるのでしょうか?

もしかしたら殺人未遂なのかも?

守るためにということであれば過剰防衛?広くんを守るために殺してしまったから服役2年なのでしょうか?

麻子が広を警察に通報せずに育てた理由があるとするならば、沢尻エリカさん演じる結衣が柏崎オートで働くことも許してしまうかも!?

広が母親2人と一緒に暮らすの図?

しかしながら、本当のことを広の祖母が聞いたら絶対に追い出すと思うのですが…。

どうなる今後の展開!?

母になるを無料視聴するならここ!!

母になるを無料視聴するなら、

公式動画配信サービスのHuluの利用をおすすめします。

Huluでは、今なら2週間無料トライアルを実施中!です

2週間もあれば、過去のドラマも完全無料で一気見することもできちゃいますね♪

私も無料期間中に登録して、2週間以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

ドラマ以外にも映画や、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ。

ただ、2週間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは、わかりません。

この機会に無料登録しておくことをおすすめします。

最近、無料で見られる海外の動画サイトを良く目にしますが

それらは著作権てきに完全に違法です。

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全な方法で視聴することをおすすめします。