猫に危険な食べ物は?

猫が食べたら危険な食べ物しってますか?欲しがるからと知らずに与えたら最悪、死に至ります。

人の食べ物の中には猫が少しでも食べたら中毒症状になったり、命にかかわるものもあるのです。

猫を迎え入れたら絶対に覚えておきましょうね!

カカオ

カカオには中毒を引き起こす「テオブロミン」が含有されています。口にすると嘔吐、下痢、けいれん、頻尿等の症状が見られ、最悪の場合は死に至ります。

・ココア
・チョコレート

カフェイン

カフェインは中枢神経に対する強い興奮作用があり、中毒症状を引き起こします。

・コーヒー
・緑茶

ユリ科の植物

赤血球壊す成分が含まれているので、貧血、血尿を引き起こします。

小さく刻んだものを、うっかり口にしないように気を付けましょう。

・にら
・玉ねぎ
・長ネギ

甲殻類・貝類

生のまま体内に入ると毒性を発揮、嘔吐、けいれん、皮膚炎などの中毒症状を引き起こします。

・生のイカ・タコ
・生のエビ・カニ
・生の貝類

アルコール

体内に入ると脳や体の細胞が破壊され、下痢、嘔吐、さらに異常行動が見られることもあります。命にかかわる事態になる事もあります。

イースト菌

胃の中で膨張して危険です。

・パン

うちの猫はパンの香りが大好きですが心を鬼にしてダメ!

食べたら死ぬよ!と教えています。^^

牛乳

猫には乳製品の消化酵素がないため下痢を引き起こします。

思わず与えたくなりそうな牛乳ですが駄目です。猫用のミルクを与えましょう。

鳥の骨は中が空洞になっていて、折れると鋭利になり、喉など刺さります。鯛の骨も硬くて危険です。

ブドウ・レーズン

犬は嘔吐、腎機能障害、最悪の場合は死亡することもあります。

猫の事例がないそうですが与えない方がよさそうです。

ドッグフード

猫には必要な栄養素のタウリンがドックフードに入って居ないため、与え続けると「タウリン欠乏症」になります。網膜異常になり最悪の場合は失明。

うちの母が犬も猫も一緒と言って、与えていました・・・

全く笑えません!犬と猫は全く身体の作りが違います。

生の肉・魚

寄生虫がいるので絶対に与えないでください。

マグネシウムを多く含む食材

マグネシウムは尿結石(ストロバイト結石)の原因になります。

水道水には塩素が含まれるため浄水器に通したお水が理想的です。

・煮干し
・海苔
・かつお節
・ミネラルウォーター

マグネシウムを多く食品は、食べ続けると結石になりやすくなる可能性があります。

うちでは浄水器の水を「にゃんこの泉」でろ過して飲ませています。

湧き出るタイプでねこ大喜び!

まとめ

基本的には総合栄養食と書いてるキャットフードを与えていれば他に食べ物は必要ありません

欲しがるからと言って人間の食べ物なども与えがちですが、糖分や塩分の過剰摂取で病気になってしまい、結果的に苦しんだり、になる寿命を縮めることになるのです。

出かける前は盗み食いしないように工夫することも大事ですね!

うちの猫がお土産の「東京バナナ」をカジカジして穴だらけにした事がありますが、私の不注意でした。東京バナナの袋が頑丈な事に感謝!

実際に猫ちゃんに危険な食べ物はまだまだありますが、身近にあるものだけでもこんなにあるんですね、気を付けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。