緑茶で腸内環境を改善、効率よく摂取するには?

腸内環境が悪いとどうなるかご存知ですか? 便秘・肌荒れ・免疫機能の低下等体に悪影響な事だらけ。緑茶に含まれるカテキンには様々な効能があるのは有名ですが、その中で腸内環境を整える効果と効率的な飲み方と摂取量につてご紹介します。

善玉菌を増やす

以前メディアで放送された実験によると、普段緑茶を飲む習慣にお無い人10人に10日間お茶を飲み続けてもらい、善玉菌の割合を調べたところ、善玉菌の割合がが平均で10パーセントもアップしたのです。

その後、1週間お茶を飲むのをやめたところ善玉菌の割合が飲に続ける前と同じくらいに下がってしまったのです。
毎日続けなければ意味がないようです。ちなみに運動で「悪玉菌」が下がらないことがわかってきたことから、善玉菌を増やす事が重要です。

カテキンの摂取量

一般的には摂取量の基準はありませんが目的別で目安があります。

免疫力の向上の場合は1日当たり500gmで効果があるようです。

しかし1日500gmのカテキンを摂取するには、1日10杯もお茶を飲む事になり、難しいですね。
通常のお茶の入れ方では、捨ててしまう茶葉に7割のも成分が残っているため、効率よく摂取するには茶葉を粉末にして飲む事です。

粉末にした茶葉2gm程を1日3回、溶かして飲むほか、そのまま食品に振りかけても摂取しやすいと思います。

緑茶の種類

玉露は日光を避けて栽培されるためカテキン含有量が少ないので、もっとも一般的な煎茶がお勧めです。

副作用

緑茶にはカフェインが含まれているため、過剰摂取で肝臓障害も報告されています。また興奮作用や利尿作用にも注意が必要です。さらに鉄分と結びついて吸収を阻害する働きがあるので貧血気味の方や妊婦さんは控える必要があります。

悪玉菌を増やさない

肉中心で野菜不足は悪玉菌を増やしてしまします。
せっかく善玉菌を増やしても悪玉菌が増える食生活を続けていては意味が無くなってしますので気を付ける事も重要です

まとめ

摂取量を守って毎日の生活に取り入れ、美容と健康をめざしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。